読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬に目覚めた大学生

土日競馬場に孤独出没 競馬以外も無駄に語る

実は完結していなかった、関東競馬場の旅。〜浦和競馬場をそそっと紹介〜

2月最後の土日。

 

2017年に入り、

初めて開催された第1回阪神競馬

 

一昨日の12レース終了後、

ウィナーズサークル周辺には、

多くの観客が押し寄せていた。

 

観客のお目当は、

この日をもって騎手を引退し、

調教師に転向する武幸四郎騎手だ。

f:id:victoirepisa1130:20170227231418j:image

(拾い画です。)

武豊騎手の弟にして、

メイショウマンボとコンビを組み、

オークス秋華賞牝馬二冠を達成した。

メイショウマンボ | 競走馬データ - netkeiba.com

 

騎手にしては身長が177センチと高く、

キリッとしたルックスということもあり、

非常に人気のある騎手だった。

 

私は業務の関係で、

引退セレモニーを観ることは

出来なかったが、

引退式に立ち会った全騎手は、

みんな笑顔だったようで、

非常に明るいムードで式典が

行われたようだ。

 

最後には胴上げなどもあったようで、

幸四郎騎手も空中で、

満面の笑みを見せていた。

f:id:victoirepisa1130:20170227233220j:image

(もちろん拾い画です。)

 

式典終了には、

正門付近の柱にある

幸四郎騎手のポスターを

撮って帰る客が殺到した。

 

ちょうどその時、

我々従事員は、

正門前で来週の準備をしていたので、

結構邪魔に思われたかもなぁ。

 

今後は調教師として、

第2の人生を歩む幸四郎さん。

 

幸四郎さんが育てた馬に、

豊さんが跨る日が待ち遠しい。

 

 

 

 

さあさあ。

 

かなり長い前置きはさておき、

先週の月曜までの4日間、

私は関東競馬場を旅していたのだが、

1つ紹介し忘れていた競馬場がある。

 

大井・東京の次は、

舞台を少し北に移しまして、

埼玉は南浦和

 

そう!

浦和競馬場です。

f:id:victoirepisa1130:20170228182748j:image

4つの南関東競馬場の1つで、

左回りのダートコースが特徴的。

 

あるレースでは、

800メートルという

超スプレントなレースも

行われている競馬場。

 

f:id:victoirepisa1130:20170228183204j:imagef:id:victoirepisa1130:20170228183233j:imagef:id:victoirepisa1130:20170228183300j:image

浦和競馬場の魅力は、

何と言っても充実した屋台

(これ園田の時も言ってたなぁ…。

でも本当に充実してるからなぁ。)

 

 

館内外に多くの店を出し、

おでんや串カツ、焼鳥にすじ煮込みなど、

バラエティー豊富な競馬場メシが、

我々の食欲をそそる。

 

私はこの日馬券は買わず、

競馬場メシを食いながら、

馬を撮る一日だった。

 

f:id:victoirepisa1130:20170228183658j:imagef:id:victoirepisa1130:20170228183710j:image

ピリ辛すじ煮込みに、豚汁。

値段はどちらも

350円くらいだった。(はず)

 

ピリ辛すじ煮込みは、

大根・こんにゃく・玉ねぎなどを、

ふんだんに使い、

牛すじはホロホロで、

口に入れたらとろけていく。

 

辛さの中にもコクのある旨味が凝縮され、

これは一度食ったらハマる一品。

 

豚汁は里芋・しめじに豆腐など、

カラダに優しい根菜を中心に、

大きく切られた豚肉も

しっかり感じることが出来、

食材の旨味が味噌に溶け込んで、

心から温まることのできる一品だ。

 

(芸能人でもないのに、

ちょっと凝った感想を言ってみる。)

 

他にも色々食べたが、

写真撮るの忘れてしまった。

 

現地で存分に堪能することを、

オススメする。

 

 

続きまして〜〜

場内案内〜〜。

f:id:victoirepisa1130:20170228185350j:imagef:id:victoirepisa1130:20170228185357j:image

こちらはパドック

ここのパドックの優れている所、

それは屋根があることだ。

 

地方競馬場パドックは、

場内の隅っこの方に、

放り出された所にあることが多いが、

浦和競馬場は客のことを考えて、

雨が降っても馬の状態を目で観れるように、

屋根がついている。

 

実際この日夕方頃から、

ポツポツと雨が落ちてきて、

野外にいた客は、

ここによく集まっていた。

 

あとこの写真には写っていないが、

馬主席が6席ほどあった。

 

だけど屋根ついてなかったな。

 

むしろ馬主席こそいるのではとおもったが。

 

これも地方競馬場では珍しいかも。

(まあ誰も座ってなかったけどね…)

 

f:id:victoirepisa1130:20170228231747j:imagef:id:victoirepisa1130:20170228231741j:imagef:id:victoirepisa1130:20170228231731j:image

こちらはコースの写真。

ここで珍しいものを発見!!

 

2枚目の写真の左側にご注目あれ。

 

なんとヘリポートがあるのだ。

 

あんな所に着陸するのか!?

 

危険すぎるだろ!

 

何のために作ったんだよ!

 

f:id:victoirepisa1130:20170228232836j:imagef:id:victoirepisa1130:20170228232659j:image

館内は基本的に古い感じだが、

大きさは結構あって、

やはり地方と言えども侮れない。

 

そして、

りそな銀行もきっちり設置。

僕は競馬場で銀行を使ったら、

かなりやばいと思う派なので、

使ったことはないが…笑

(カードを差し込みボタンを押せば、さあ開け諭吉への扉!底の見えぬ欲望の沼!一方に沈むだけの金の沼!圧倒的カイジ風表現!!) 

 

さぁ気を取り直して。 

f:id:victoirepisa1130:20170228233126j:image

館内にでっけえ馬のオブジェが。笑

 

これはチェス馬といって、

発泡スチロールアーティストの、

ヤジマミキオさんが作ったものだそう。

 

元々南浦和駅に設置していたが、

強風で何度も倒れるため、

設置場所を浦和競馬場に変更して、

今に至るようだ。

 

f:id:victoirepisa1130:20170228234207j:image

そしてパドックの横には、

芝生の広場があり、

日向ぼっこにはもってこい。

 

f:id:victoirepisa1130:20170228234303j:image

ということで、

ここで一息休憩。

 

f:id:victoirepisa1130:20170228234312j:image

…。

 

f:id:victoirepisa1130:20170228234355j:image

ポテチでも食べながら…。

 

f:id:victoirepisa1130:20170228234415j:image

かぁぁーーーーーーー💤💤💤💤

 

はい。

 

人目を憚らず約1時間半ぐっすり。

 

雨粒が目覚ましになりやした。

 

 

肝心の写真はというと、

f:id:victoirepisa1130:20170228234734j:image

バッチリ取ってますよ!

 

誘導馬の女性は、

レンズ向けたらこっち向いてくれた。

 

なんと優しいお方なのでしょう〜。

 

 

f:id:victoirepisa1130:20170228235059j:image

最終レースは、

ナイターになったので、

ライトに照らされた馬体は、

また一段と綺麗だった。

 

 

こんな感じで、

最終日はぐうたらした一日だった。

 

明日は、

名古屋競馬場に行きたいと思っている。

(まあ起きれたらの話やけど。。。)

 

 

補足。

 

 

最終日の晩御飯は、

池袋で日本酒を

味わうことの出来る和食屋、

てしごとやにお邪魔した。

[食べログ]アクセスが制限されています

魚が旨く、

地方の日本酒を飲み比べ🍶

 

大満足だったので、

池袋に寄ったら是非。

 

予約した方が確実よ!

 

ではでは。