読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬に目覚めた大学生

土日競馬場に孤独出没 競馬以外も無駄に語る

佐賀競馬場に1日を捧ぐ孤独大学生 〜佐賀競馬場もそそっと紹介〜

目的が明確に決まっていれば、

とりあえず行動に起こすようにしている。

 

今回の目的は佐賀競馬場で、

佐賀記念の勝ち馬を撮ること。

 

昨日『一人旅をしてきた。』と友達に言うと、

『えっ、お前さみしくないん?』と言われだのだが。

 

(いや、寂しい時もそりゃあるよ!)

 

(でもな一つ言っておこう。大した目的もなく、とりあえず人数集めて、サークル合宿とかいう実質ただのお遊び旅行の中で、人生ゲームとかするような人達に比べたら、充分有意義な時間を過ごしてるよ!!他人に気を遣わなくて済むし、何より自分のやりたい事を邪魔されないこの開放感。大して仲良くもない上に、他人の意見に振り回されるよりは100%マシ。)

 

いっぺんやってみろ!!

目的さえ決まっていれば結構楽しいぞ!(これはホントに言った。)

 

私の怒りの主張はこの辺にしときましょう。

 

7日早朝、天神を大濠公園方面に歩いて向かった先に、

私が福岡に来たら必ず食べたいラーメン屋がある。

 

それがここ。

f:id:victoirepisa1130:20170209165338j:image

福岡の方なら誰もが知る名店、

ご存知"元祖長浜屋

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400104/40006844

 

 

早朝4時から営業しており、

店内は早朝から港や鉄鋼で働くようなおっちゃん達が、

無言で麺を啜っていた。

 

豚骨ベースのスープに極細ストレート麺が絡み、

朝からでも喉にスルスル入っていく。

非常においしかった。

 

 

ここで1つ余談だが、

皆さんは細かすぎて伝わらないモノマネ選手権というとんねるずの番組で行われる人気コーナーをご存知だろうか。

 

昨年のクリスマススペシャルで、

1時間程紅白モノマネ合戦が行われた。

 

そして人気お笑いコンビ、

博多華丸・大吉博多華丸がやったモノマネの1つに、『元祖長浜屋での従業員と常連客の流れるようなやりとり』というのがある。

ご覧ください!!

 


博多華丸 モノマネ 「元祖長浜屋」

 

私はこのコーナーが大好きで、

YouTubeで飽きるほど見てきた。

 

博多華丸はこのコーナーの第6・7回の優勝者で、このコーナーでは常連組として、児玉清さんや川平慈英のモノマネなど有名人から、サウナの常連客や長浜屋の店員など一般人まで、幅広いモノマネレパートリーを誇る、このコーナーでは欠かせない芸人さんである。

 

浜屋に行って、

店員さんやおっちゃん達の声を聞いていたが、

華丸軍団のモノマネは完璧だった。

 

実際に”ベタ生~”や”カタいたま”が聞けて、

オオオォォォとなった。(笑)

 

ここで、

”ちょっとトイレ。” 

”一回出て左~”が聞けたらなお完璧だった。

(一回出て左にちゃんとトイレがありました。確認済み。)

 

朝7時からテンションが上がった私は、

地下鉄空港線で天神から博多に戻った。

 

まだ時間があったので、

近くのマクドナルドでホットコーヒーを注文。

 

店員さんに「Tポイントカードをお持ちですか?」と聞かれたので、

(へ~、マックでもTポイント使えるんや。便利やな~。)

と思ってTポイントカードを出したら、

どうやら聞き間違えていたようだ。

 

「”D”ポイントカードです。。。」

と困りながら言われたので、

「あっすみません。ないです。」

とかなり変な感じになってしまった。

 

あの時は緊張と焦りと申し訳なさが一気に押し寄せて来て、

一瞬にして頭の中がパニックになった。

 

そそくさと席に着き、ブログを書きはじめたら、

ようやく気持ちが落ち着いてきた。

 

仕事前で朝マックしているサラリーマンを横目に、

しばらく黙々とブログを書き、

更新した時には、腕時計は8時50分を指していた。

 

佐賀競馬場の開門が10時だから、

丁度いいということでマックを出た後、

博多駅から鹿児島本線に乗り、鳥栖駅へ。

 

通勤時間帯のはずだが、

私の乗っていた電車はガラガラだった。

 

9時40分頃に鳥栖駅に到着。

 

(またもや)西鉄バス佐賀競馬場に到着。

 

f:id:victoirepisa1130:20170209181245j:imagef:id:victoirepisa1130:20170209181306j:image

外観は私営病院にも見えるし、田舎の中学校にも見える。

駐車場はかなり広く、アクセスはバスよりも車で来ることをオススメしたい。

(バスは1時間に一本しかないので。)

 

f:id:victoirepisa1130:20170209182128j:image

場内に入ると、緑のマキバオーがお出迎え。

 

f:id:victoirepisa1130:20170209182238j:imagef:id:victoirepisa1130:20170209182303j:image

入って右手にはちゃんぽん麺の屋台があり、

左手には小さめのパドックが。

 

出走馬を黒板で掲示する感じがなんとも地方感満載。

 

f:id:victoirepisa1130:20170209183604j:plain

f:id:victoirepisa1130:20170209183720j:plain

f:id:victoirepisa1130:20170209183842j:plain

f:id:victoirepisa1130:20170209183855j:plain

f:id:victoirepisa1130:20170209184028j:plain

f:id:victoirepisa1130:20170209185245j:plain

 佐賀競馬場”自然豊かな緑あふれる競馬場”をテーマに(たぶんそんなことを場内放送で言っていたような気がする。。。)、穏やかでゆっくりとした時間を過ごすことが出来る。

 

前日の天候により不良馬場になったコースを、

整備する従事員の方々も朝から精が出ますね。

 

地方競馬場内馬場があるのかなり珍しいと思います。

解放はされていませんでしたが、かなりレベル高いです!!

 

f:id:victoirepisa1130:20170209194520j:imagef:id:victoirepisa1130:20170209194532j:imagef:id:victoirepisa1130:20170209194541j:imagef:id:victoirepisa1130:20170209194550j:image

館内は園田競馬場と似て、コンクリートの剥き出し間満載でいい感じですね。

 

エレベーターがあるのもポイント高いですね! 

 

館内にも売店があり、ここでは何でも焼いてしまうことで有名な売店がある。

 

f:id:victoirepisa1130:20170209202756j:image

『マツコ有吉の怒り新党』という深夜番組の【新三大〇〇調査会】というコーナーで、佐賀競馬場内にある売店赤浦さんが取り上げられた。

 

大福だけでなく、カレーパンなども焼いてしまうちょっと変わったお店。店主の温かさと味は天下級!!!

 

 

 

らしい。。。

 

実は紹介しておきながら何ですが、

私、実際に買いに行くのを忘れておりました…笑

 

 

なんという痛恨のミス。

 

下調べ不足以上に周囲に対するアンテナが張れていないこの観察力の無さ。

 

この旅で1つ学べましたね。

 

『何に対しても関心興味を持つこと』が大事であると。

肝に命じます。

 

気を取り直して場内案内に戻ります!!

 

館内には佐賀競馬場で撮影された写真が掲示されており、私もこんな綺麗な写真撮れるようになりたいものです。

 

この日は交流GⅢの佐賀記念ということで、

ゲストにはなんと競馬ファンなら誰もが知るこの人が来場されました。

 

 f:id:victoirepisa1130:20170209205934j:image 

f:id:victoirepisa1130:20170209210248j:plain

アンカツ”でお馴染み、元JRAジョッキーこと安藤勝己さんが来場されました。

トークイベントと授賞式では津田麻莉奈さんも来場され、佐賀記念の予想を交えて和気あいあいとフリートークをされていました。

 

 

f:id:victoirepisa1130:20170209211344j:plain

f:id:victoirepisa1130:20170209211356j:plain

 

f:id:victoirepisa1130:20170209211623j:plain

f:id:victoirepisa1130:20170209211336j:plain

交流レースということで、JRAからはミルコ・デムーロ騎手、北村宏司騎手、田辺裕信騎手、川田将雅騎手が登場。

 

重賞ということもあり、子連れの家族や若い女性など、

平日にもかかわらず多くのお客さんが来場していた。

 

 

 

f:id:victoirepisa1130:20170209213547j:plain

f:id:victoirepisa1130:20170209213637j:plain

 

佐賀記念は川田騎手鞍上のロンンタウンが人気に応え、逃げ切り勝利。

川田騎手にとっては復帰後初勝利となった。

 

f:id:victoirepisa1130:20170209213903j:plain

 

f:id:victoirepisa1130:20170209213911j:plain

観客に花束を渡す川田騎手。

ビビるくらい無表情でまさにイケメン版能面。

笑ったら傷口が痛むのかな。。。(笑)

 

 

それでは今回もベスト3ショットをご紹介します。

 

第3位

f:id:victoirepisa1130:20170209215755j:plain

名古屋競馬で活躍するカツゲキキトキト

地方競馬の意地をかけたこのレース。

結果は4着でしたがアンカツさんの期待する1頭として、

これからの活躍が楽しみです。

 

第2位

f:id:victoirepisa1130:20170209215236j:plain

デムーロ騎手の馬に対する気遣い。

そしてファンに呼ばれた時のこの笑顔。たまらんですね。

結果は2着でしたが、デムーロ騎手のファンに対するサービス精神の旺盛さ。

この表情を見れただけでもう満足です。

 

第1位

f:id:victoirepisa1130:20170209213532j:plain

勝ち馬を撮れた上に、夕日に照らされて輝く馬体。

飛び散る砂が馬の躍動感を強調している感じが出て満足な一枚。

ロンドンタウンがカメラ目線というのもかなり嬉しいですね。

 

こうして佐賀競馬場での一日が終わりました。 わざわざ佐賀まで来たかいがあったなと感じております。

 

最終レース直前、地元のおばちゃんに声を掛けられ、『私は競馬しにきたんじゃなくて、いつも騎手を応援しに来てるんよ。このバッグも自分で作って、サイン書いてもろたんよ。』と言った直後、ゲートが開き、ある騎手を特定して、『たけちゃーーーん!!!次は絶対一番やでー!!負けるなーー!!』と声を荒げて応援し始めた。

 

競馬場に来る人全員が、

お金目的である訳ではない。

 

おばちゃんのように騎手を応援するために来る人もいれば、私のように馬を撮りに行くような人もいる。

 

人それぞれの物語を、"お金目的"とか"ギャンブル"でまとめて欲しくないなぁと改めて思った。

 

 

こうやって大学生のうちにやりたいことが出来る今の時間は、

貴重だなあと日々感じております。

 

さあこの土日は北海道へ弾丸旅行だー!!(次は馬友と行きます。)

 

 

 

 

 

 

余談

博多最後の夜に訪れた海鮮居酒屋が最高だったので載せておきます。

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40001388

「はじめの一歩」というお店です。

(ボクシングは関係なさそう。。。)