読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬に目覚めた大学生

土日競馬場に孤独出没 競馬以外も無駄に語る

実は完結していなかった、関東競馬場の旅。〜浦和競馬場をそそっと紹介〜

2月最後の土日。 2017年に入り、 初めて開催された第1回阪神競馬。 一昨日の12レース終了後、 ウィナーズサークル周辺には、 多くの観客が押し寄せていた。 観客のお目当は、 この日をもって騎手を引退し、 調教師に転向する武幸四郎騎手だ。 (拾い…

お久しぶりです。東京競馬場殿。

東京競馬場。 私が初めてそこを訪れたのが、 それはそれは朝から人の熱気で、 頭が煮え繰り返りそうになった、 2016年5月29日。 3歳馬の頂点を決める戦い。 そして日本中の競馬ファンが、 一番熱く盛り上がる日。 第83回日本ダービーだ。 私は大学…

大井競馬場に1日を捧ぐ孤独大学生 〜関東競馬場巡り①〜

怒涛の2週間も終盤戦。 九州・北海道の次は、 東京と埼玉だ。 今日から来週の月曜までの4日間で、 大井・東京・浦和の3つの競馬場を回る。 今日は大井競馬場での1日を、 いつものように、 競馬場をそそっと紹介しながら、 綴らせてもらう。 朝8時頃に、…

馬友と行く、冬の北海道弾丸旅 〜種牡馬と対面編②〜

前回の記事では、 コスモバルクに種牡馬2頭について、 紹介しました。 さぁ今回は、 私達が千歳から1時間半かけて、 新冠町にあるビッグレッドファームに来て、 この馬達を観に来たと言っても、 過言ではない3頭をご紹介。 さぁまずは、 出ました! シン…

馬友と行く、冬の北海道弾丸旅 〜種牡馬と対面編①〜

今、故郷に帰っておりまして、 自動車の免許を取りに行っておりました。 昼には家に戻り、 録画していたドラマを観ていたら、 いつの間にか爆睡していた。 家族と焼肉を食べていい気分なので、 北海道旅の続きを。 11日の土曜日は、 一日中移動した結果、 …

馬友と行く、冬の北海道弾丸旅 〜日高・札幌編〜

今年の2月は何か違う。 6・7日に佐賀記念を目的とした弾丸九州旅から5日後には北海道へ飛び、その数日後には東京へ足を運んでいる予定だ。 昨年のように、暇を持て余し、 忙しそうにしていた周りの学生を、 羨望の目で見つめる私はもういない。 以前は『…

佐賀競馬場に1日を捧ぐ孤独大学生 〜佐賀競馬場もそそっと紹介〜

目的が明確に決まっていれば、 とりあえず行動に起こすようにしている。 今回の目的は佐賀競馬場で、 佐賀記念の勝ち馬を撮ること。 昨日『一人旅をしてきた。』と友達に言うと、 『えっ、お前さみしくないん?』と言われだのだが。 (いや、寂しい時もそり…

福岡癒しの島旅夢気分。〜能古島編〜

おはようございます 天神のネットカフェで、 十分なエネルギーチャージが出来たので、 昨日の続きを書かせてもらいやす! 志賀島に別れを告げた後、 西鉄バスで天神まで行き、 そこから地下鉄空港線で姪浜までピューと。 姪浜駅の北側にあるバス停で、 西鉄…

福岡癒しの島旅夢気分。〜志賀島編〜

朝7時、バスは博多駅北側に到着した。 基本的にどこでも熟睡できる私ではあるが、 唯一と言っていいほど、 バスの座席ではまず熟睡は不可能。 昨日の夜11時に三宮を出発して、 ちゃんと寝れたのはおそらく午前四時ぐらいからだ。 普通に座っているだけで…

「色々頑張って!!」と言われた時の頭の中

先週の木曜午後6時半、 私はJR六甲道駅にいた。 普段この駅で降りることはまずないが、 今日は友達の飲み会に誘われたため、 駅構内に吹き込む冷風に身を震わせながら、 友達を待っていた。 10分後、 ようやく友達が登場。 1月下旬のテスト以来の再開…

少し頑張ったお一人自炊生活 〜初・恵方巻き編〜

私は大学生であるが、 かなり食費をケチるため、 外食をせず、 ほぼ自炊をするよう心掛けている。 ただ毎日3食、少なくとも2食は 必ず食べないとイライラするのだ。 友達との食事はお金を気にせず、 美味しいものを食べることにこだわるが、 一人で外食と…

地元の中高年層に愛される、園田競馬場をそそっと紹介。

部屋の壁にかけた赤く丸い時計は、 2つの針がてっぺんを過ぎた所を指していた。 はぁ〜今日も何もせずに ゴロゴロして終わるのかぁ〜〜 と思っていたが、 (あっ今日そういえば川崎記念じゃん。) ふと、そんなことを思い出す。 なぜ川崎記念のことを 覚え…

客から学ぶ、競馬場従事員エピソード①

自己紹介で書きましたが、 私は阪神競馬場でアルバイトをしています。 売店やレストランとかで働くのではなく、 緑の制服を着て、館内を巡回し、お客様に何かあったらすぐ対応に向かうような仕事です。 阪神競馬場お客様事業部機動班。 名前結構かっこいいっ…

レースの競走名の由来について、無駄に語る。

昨日京都競馬場では、 シルクロードステークスという 重賞レース(競馬の競走のなかの目玉となる大きな競走)が行われた。 優勝は昨年このレースを制覇した7歳の男馬、 ダンスディレクター号。 馬の7歳は人間でいうと28歳。 成長の早さは、 親の血筋などの…

半人前が一丁前に競馬を語るブログ。

昨日午後2時阪急梅田駅、 ホーム内に縦列で臙脂色の車体が並ぶ。 特別鉄道に興味があるわけではないが、 この景色は好きである。 いつもお世話になっている神戸線の普通列車を降りる。 梅田に来た目的は、古着を買うため。 周りで服の趣味が合う友達がいな…

三塁ランナーコーチは、勝負を分ける検査官

今日は私が高校時代、野球部でチームの役割として務めていた三塁ランナーコーチについて、勝手に語ります。 是非お付き合いください。 高校時代、 野球部で活動していた時に 教えてもらった言葉、 それは 『明日やろうは馬鹿野郎』。 『人間は下に流される。…

うどんの国から但馬牛の国に上京したぼっち。

自己紹介 あー足の裏が汗ばんできた。 正方形の机に布団をかけてスイッチオン! 日陰がモロ被りのこの家は、冬になると冷蔵庫の強度3くらい(多分7℃くらいかなぁ…)になる。 こんな状況の中、いつも私を心から温めてくれるのは炬燵しかない。 炬燵の下敷き…